看護師さんが転職・入職後のトラブルを避けるために出来ること

転職経験のある看護師の方で転職に失敗するパターンとして多く挙げられるのが、
「自分が思っていた条件とは違っていた」ということです。

 

これは単なる勘違いといった理由ではなく、募集要項の内容や、
面接の時に言っていたことと条件が明らかに違っているということが多発している現状があります。

 

残業はあまりないと言われたのにも関わらず実は多かったりとか、
研修などのためにほとんどプライベートが過ごせなかったなどの失敗事例もあります。

 

このような失敗を避けて看護師転職に成功するためには一つの方法があります。
条件についてはすべて書面にしてもらうことです。

 

細かなことでもすべて書面にしてもらうことによってあとでトラブルになることを防ぐことができます。
口での約束の場合でしたら言った言わないの問題になるので必ず書面にしてもらってください。

 

しかしなかなか求人に応募する立場で書面にしてくれとは言いにくいものです。
この場合には看護師の求人サービスのスタッフに頼んで代行してもらってください。
スタッフがかわりに書面にしてくれるように相手先に伝えてくれます。

 

これで入職したあとのトラブルを避けることができます。
もし募集要項との相違が合った時には、この書類が証拠となりますからね。

 

面接の時に気になることは、きちんと尋ねましょう。
また、自分の条件などもきちんと伝えましょう。

 

転職はマッチングが重要です。
病院の求める看護師さん、看護師さんの求める職場、
このふたつがぴったり合うように、入職前にきちんと確認することが大事です。