宮崎県の看護師さんは給与が低い!?

宮崎県で働く看護師の転職理由には給与の低さが原因になっているかもしれません。

 

平成24年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、
宮崎県の平均年収は395万円と都道府県の中で一番低い結果となりました。
全国平均の年収は462万円ですから、全国平均より67万円も低い年収になります。

 

福岡県では418万、佐賀県では411万、長崎県では438万、
熊本では428万、大分県では413万、鹿児島県では445万になっています。
九州で職場を探すなら鹿児島県が一番年収が高くなっています。

 

佐賀県は労働時間が169時間と全国でも一番平均労働時間が長い地域になっています。
全国平均の159時間よりも10時間も長くなっているので、全国でも忙しい地域と予想されます。

 

あくまでもデータなのでこれだけでは判断できませんが、職場探しの良い参考になるのではないでしょうか。

 

お給料を求めるのであれば、県外への就職も視野に入れてみると良いですよ。

 

看護師求人サイトでは全国の求人情報を掲載しているので、ぜひご自宅のパソコンで検索してみてください。

 

中には非公開求人をご紹介しているサイトもあり、希望の都道府県で好条件の職場があるかもしれません。

 

また、転職支援サービスも受けられて、専任の担当の方が、希望に合った職場を紹介してくれます。
自分で探さなくてもOKなので、夜勤で忙しくて職場探しをする時間がない看護師さんでも楽々です。

 

面接時には同席してくれて切り出しにくい条件面の交渉を代行してくれます。
お給料を重視したいときは面接前に担当の方にお伝えしておくと良いでしょう。